JR鹿児島本線戸畑駅からしばらく歩いた場所に南米のボリビア料理が食べられるお店があるんです。

IMG_0098
『LA PAZ』(ラパス)

IMG_0102
2003年にオープン。ボリビアの国旗が飾らせた華やか南米らしい店内。

てっきりボリビア人の方がやっているかなぁと思っていましたが日本人のシェフが1人で切り盛りされています。

FullSizeRender
店名になっているLA PAZ(ラパス)とはボリビアの西部にあるペルーのチチカカ湖に接している都市の名前。ボリビア多民族国家の首都であり、正式名称はヌエストラ・セニョーラ・デ・ラ・パスNuestra Señora de La Paz)と非常に長いんです。憲法上の首都はスクレであるが、ラパスは行政・立法府のある事実上の首都。
IMG_0111
メニューはボリビア料理以外にメキシコ、ペルー、アルゼンチンなど南米のラテン系料理が食べられるのも魅力的。夜しか食べられない予約制のメニューもあったりと食べたいメニューが沢山。南米のドリンクも非常に興味深いですね。

IMG_0104
この日はランチタイムに訪問。ランチのメニューはA〜Hまで8パターン用意されています。

この日は北九州のカレー好きがSNSなどで食べていたボリビア料理のカレーっぽいメニューがずっと気になっていたんです。

カレーが無いのにその国のカレーっぽい料理を求めて食べに来るパターンはアメリカ料理のMAGNOLIAやエジプト料理のメヤメヤ以来。無理矢理カレーぶりたい悪い癖です。(笑)

◎インカコーラ
IMG_0114
まずはペルーのインカコーラ(INCA KOLA))で乾杯。黄色いコーラは何か新鮮な気分。

この日はスープとドリンクが付いたランチセットのBを注文しました。

IMG_0116
最初に運ばれてくる美味しいスープを頂いていると、運ばれてきたメニューがこちら。

◎ アヒ・デ・ポリョ
FullSizeRender
この日に頂くのはとりのモモ肉を煮込んだ南米の家庭料理の定番とも言われているアヒ・デ・ポリョ(Aji de pollo)というメニュー。ボリビア料理ではなく、ペルー料理なんだそう。
まさにカレーライスと言いたくなるヴィジュアルです。(笑)

IMG_0122
ほんのり感じるトマトの酸味に鶏肉から出た出汁の旨味をたっぷりと感じる優しい味わい。後からピリッと口の中に拡がっていく唐辛子の辛さが良いアクセントになっています。
旨いいい!( ^ω^ )
*スペイン語でAji(アヒ)とは"唐辛子"、de(デ)は"の"、pollo(ポリョ)は"鶏肉"。
IMG_0123
ホロリと柔らかく煮込まれて鶏肉がまたジューシーで旨味たっぷり。一緒に入っているジャガイモやグリーンピースも合っており、優しく、まさに南米の家庭でお母さんに作って貰ったようなほっこりしてしまう味わいに仕上がっています。
旨いいい!( ^ω^ )
ご飯以外にバケットやクラッカーにのせてカナッペ風に食べても美味しいそうです。これは確かに毎日食べたくなる南米料理ではないでしょうか。( ^ω^ )

◎ エンパナーダ・デ・ケソ
IMG_0127
この日はセットメニューとは別にアルゼンチンの家庭料理であるエンパナーダを注文。
このお店のエンパナーダは3種類。どれも1個あたり170円とリーズナブルなのでついつい頼んでしまいます。(笑)

IMG_0129
この日はチーズとオニオンを包んで揚げたエンパナーダを。
まるで餃子みたいな薄い生地はサクサクで中身はたっぷりのチーズがトロ〜り。
これは美味しい。( ^ω^ )

後からエンパナーダ・デ・カルネがカレー風味だったことに気が付いて少し複雑な気分になってしまいました。(笑)
IMG_0130
最後はセットメニューのホットコーヒーを飲みながらゆっくり。

IMG_0099
お店の外ではテイクアウトもやられているのも嬉しい。次回は夜に来て、ペルーのクリスタルビールを飲みながら色んな南米の料理を頂いてみようと思います。ご馳走様でした。(^ ^)

◎ホームページ

◎Facebook

◎食べログ

〈今回登場した福岡の路線〉
◎JR鹿児島本線のカレーブログはコチラ。

〈今まで訪問したカレースポットはコチラ〉
〈キーワード〉
カレー、福岡カレー、北九州カレー、北九州カレー部、カレーブログ、カレーブログ福岡、北九州グルメ、福岡カレーブログ、福岡カレーステーション



◎大阪中心部のカレーブログはコチラ。