FullSizeRender
山陽本線の下関駅からだいぶ歩いた丸山町に美味しいカレーが食べられるお店があるんです。
*最寄りはサンデン交通の「丸山町」停留所。
FullSizeRender
咖喱家ゆるり』

FullSizeRender
2017年3月にオープン。安部総理夫人も訪れたことがあるという今や下関の人気カレー店。

平日のランチタイムにも関わらず、店内は満席で外でも待っているお客さんまで。凄い人気ですね。

古民家をリノベーションしたようなカフェ風のオシャレな店内。厨房では女性の店主さんが1人で切り盛りされています。

FullSizeRender
メニューにはスリランカカレーとカシミールカレーの2種類が並ぶから凄い。

カシミールカレーとは東京上野の「デリー」が作り出したジャパナイズされた激辛のインドカレー。

それぞれが提供するスタイルが異なるにしても、山口県では宇部の「オールドスパイス京香」ぐらい。

お隣の北九州では「ガネーシャ」「スパイスアップカリーファクトリー」「106サウスインディアン」ぐらい。大阪でも提供しているカレー屋さんが少ないカレーなんです。

それにスリランカカレーとなると、山口県で食べられるのは防府の「カレー食堂コモやん。」ぐらいで非常に珍しい。

しかも、スリランカカレーとカシミールカレーを同時にやるなんて、南小倉の「カーリースパイス」同様にトンガったことやってますね。素敵です。(笑)

◎ゆるりスリランカリープレート
IMG_3964
この日のカレーは「ゆるりスリランカチキンカリー」(750円)と「国産和牛100%牛スジカシミールカリー」(800円)の中からスリランカカレーを注文しました。

IMG_3947
大きなドラムスティックのチキンが2本ドンっとのったスリランカカレープレート。

ピンク色の雑穀米の上にはクコの実、系唐辛子がふりかけられ、取り囲むようにチキンカレーと砂ずりのマサラの2種類に野菜の副菜。美しくワンプレートになっています。

◎ チキンカレー
FullSizeRender
シャバシャバのグレービー。鶏肉の旨味感じるスリランカカレーはココナッツミルクが効いており、マイルドな味わいに仕上がっています。

スリランカカレーのタイプとしては「バダピリラ」ような現地スタイルではなく、「ツナパハ」などで味わい九州スリランカに近いタイプ。

FullSizeRender
鶏肉はスプーンでほぐせるほどの煮込み加減。
柔らかいチキンをスリランカカレーと一緒に食べると旨味やスパイスが絡み合って美味しい。
旨いいい!( ^ω^ )

◎ 砂ずりのマサラ
FullSizeRender
ピンクペッパーやカスリメティがふりかけられた砂ずりのマサラ。

凝縮された砂ずりの旨味にパンチ感じるスパイシーさがたまりません。またマイルドなスリランカカレーと合わせることで辛さが柔らいで食べやすい味わいにシフトチェンジ。
旨いいい!( ^ω^ )

FullSizeRender
スリランカスタイルで副菜と混ぜ合わて頂くと味わいに一体感が生まれて、より美味しく感じてしまいます。( ^ω^ )
旨いいい!( ^ω^ )

FullSizeRender
スリランカカレーやカシミールカレーまでやってしまうスパイスカレー店。

また違った魅力的なカレーを頂きにお邪魔させて頂きます。ご馳走様でした。(^ ^)

◎Facebook
◎Instagram

◎食べログ


〈今まで訪問したカレースポットはコチラ〉
〈キーワード〉
カレー、山口カレー、山口グルメ、下関カレー、下関グルメ、カレーブログ、山口カレーブログ、カレーブログ山口、山口スパイスカレー


◎大阪中心部のカレーブログはコチラ。
◎福岡中心部のカレーブログはコチラ。