今やカレー激戦区である高円寺。カレー以外にも、中央線界隈は、阿佐谷と同じく酒場も多数存在するエリア。

やっぱり求めてしまうのが、"吞めるカレー屋"

妄想インドカレー」「インド富士子」も良いお店ですがスリランカカレーのお店もあるんです。

大阪のカレー好きなら、「すりらんかごはん ハルカリ」とコラボしたお店として覚えている方もいるのではないでしょうか。
FullSizeRender
FullSizeRender
『ピピネラ』

FullSizeRender
2016年3月オープン。カフェ風の店内。棚に沢山の本やレコードなどが並んでおり、厨房では女性の店主さんが切り盛りされています。

ピピネラとは、アメリカで活躍した小説家ヒュー・ロフティングの児童文学作品『ドリトル先生と緑のカナリア』に登場するカナリアの名前。
FullSizeRender
イラストレーターとしても活躍されている店主タケイさんらしいセンスを感じてしまいます。

ちなみに営業時間は基本的に平日の夜のみなんです。
*土曜日は16時から。
FullSizeRender
FullSizeRender
メニューに目をやると、お酒のつまみになりそうなスリランカの一品料理やアルコールメニューの数々。随所にイラストが書かれているのが可愛らしい。

◎ライオンスタウト
FullSizeRender
まずはスリランカの黒ビールで乾杯。
ライオンとピピネラのコラボ。(笑)

色々とつまみたかったんですが、この日はカレー旅ということで、大人しくスリランカプレートを少なめで注文しました。

◎スリランカプレート
IMG_7172
この日はチキンカレー、豆のカレー、きゃべつのココナッツ蒸し、大根のカレー、にんじんのココナッツ煮、小松菜のスパイス炒め、ココナッツふりかけ、豆せんべい、スリランカの揚げ菓子などが入ったワンプレート。

非常に食べやすい優しい味わい。スリランカスタイルで副菜と混ぜ合わせて食べるとどんどん美味しくなっていくから不思議です。

スリランカに実際に行って、現地の家庭料理を学び、日本の食材と合わせて作られるワンプレートは食べやすくて親しみやすい。スリランカ酒場の〆にバッチリな一皿です。
その他のメニューはこのようになっています
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
お酒が飲めない方でもバッチリなドリンクメニューも揃っています。

みうらじゅんさんがかつて「高円寺は日本のインド」と表現した意味とは違う高円寺のインド化。

そんな「日本のインド」にあるスリランカ酒場は、ゆったりとした雰囲気も非常に良い感じ。次回は一品料理も色々と頂きながら、飲みに来たいと思います。ご馳走様でした。

◎Twitter

◎Facebook

◎食べログ



〈今まで訪問したカレースポットはコチラ〉
〈キーワード〉
カレー、東京カレー、関東カレー、高円寺カレー、高円寺グルメ、江東区グルメ、酒場カレー、カレーブログ、カレーブログ東京、東京カレーブログ、カレーブログ関東


◎大阪中心部のカレーブログはコチラ。

◎福岡中心部のカレーブログはコチラ。