"魔女のスープ"と言われ、札幌スープカレーファンなら、誰もが知る名店が閉店したのは、2017年7月のこと。

あれから1年3ヵ月。札幌駅北口から北12条方面へしばらく歩いた場所で復活したんです。
FullSizeRender
『Curry SAVoY』(カリーサヴォイ)

IMG_9634
稲津ビルの地下1階。まるでバルのようなカジュアルで広々とした店内。

1994年に幌平橋で創業した「カリー・サヴォイ」2006年には大通に2号店「カリー・ディ サヴォイ」もオープンするなど、24年に渡って大人気だった札幌スープカレーの名店。
*「Curry SAVoY」は2011年に閉店。「Curry Di.SAVoY」は2017年に閉店。

​そんなサヴォイの古くのファンだったという株式会社会社IDATENの鈴木氏が、「味を引き継ぎたい」と、前オーナーに申し出て復活させたんです。
FullSizeRender
厨房ではIDATENの若いスタッフの方々が腕を振るっており、サボイママことを曽田さんもいらっしゃいました。

◎北海道スペアリブ (レギュラーサイズ)
FullSizeRender
FullSizeRender
器からはみ出すほどの道産スペアリブが圧巻。また大きくカットされたナス、レンコン、ブロッコリー、ピーマン。スープの下にジャガイモや人参も隠れており、ボリュームたっぷり。
FullSizeRender
48時間かけて仕込むサラサラのスープ。
牛骨・鶏ガラ・玉葱・ニンジン・セロリ、リンゴなど野菜や果物を60kg以上を2日かけて煮込み完成したスープに10種類以上のブレンドしたスパイスを合わせたのが、噂の"魔女のスープ"

余分な油を取り除いた澄みきったスープ。雑味がなく、スッキリしており、旨味やスパイスをダイレクトに感じる味わいは、仕上がっています。
旨いいい!( ^ω^ )
*ちなみに五◯堂」の店主さんは、幌平橋時代に料理長を務めていたの方。あの非常に美味しかったクリアな淡麗スープに近いものを感じてしまう。
FullSizeRender
柔らかく煮込まれたスペアリブが美味しい。

*メニューはこのようになっています。
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
札幌駅近くで受け継がれし、名店の味わい。
また違うスープカレーも頂きに来たいと思います。ご馳走様でした。(^ ^)

◎Facebook

◎Twitter

◎食べログ



〈今まで訪問したカレースポットはコチラ〉
〈キーワード〉
SOUP CURRY、札幌スパイスカレー、スープカレー、カレー、北海道カレー、北海道グルメ、札幌グルメ、札幌カレー、カレーブログ、北海道カレーブログ、カレーブログ北海道、札幌カレーブログ、カレーブログ札幌、カレーブロガー

◎大阪のカレーブログはコチラ。